昭和40年代:時代と音楽-21

| | トラックバック(0)
延々と1960年代~70年代の「若者文化」のお話をしていますが、もちろん文化は若者だけのものじゃない。また、若者つったって、ひとっからげにできるものでもない。必ずしもみんながみんなロックやソウルやフォークに夢中だったわけでもない。ことによると、むしろ、そうでない連中の方が、主流だったのかもしれない。いわゆる、サイレントマジョリティーってやつだ。

本日は、そんな60年代~70年代のアメリカ文化の「もう一つの側面」についてお話します。

「古き良きアメリカ」って言葉があります。ヒトによってその年代は異なると思いますけど、概ね(おおむね≠Big Bust)1950年代から60年代初期を指す、と定義しても大きな間違いはないと思います。要するに、第二次世界大戦に勝利した連合国の中でも、戦場となったソ連、フランス、イギリス(空襲やUボートによる封鎖を受けた)とは異なり、直接的な戦禍を免れたアメリカは、それまでの大英帝国にとって代わり、政治的にも経済的にも、そして(軽)文化的にも、実質的に世界で唯一無比の超大国となりました。
これを打倒せん!と、当時のソ連を盟主とする東側が猛追し、朝鮮戦争に引き続く幾多の核実験~宇宙開発競争など、一触即発の冷戦状況が生じますが、米国民は「我こそは西側民主主義の盟主であり、共産主義に対抗するのは絶対的な正義である!This is Manifest Destiny ! This is a Pen-Pineapple-Apple-Pen !」との信念に燃えておりますので、ある意味、彼らのアイデンティティーに揺るぎがなかった時代である、といえると思います。

国内的には圧倒的に「白人の時代」であり、リンカーン大統領が奴隷解放宣言を出してから1世紀近くが経過していたにも関わらず、アパルトヘイト的な、KKKに代表されるようなあからさまな黒人差別が、少なくとも南部においては、日常的に見られた時代でした。黒人達もそのような境遇をある種の諦観をもって受け入れ、アンクル・トム的に、従順に生きていた時代です。映画「ビリー・ホリデイ物語」の副題が「奇妙な果実」、そしてグレゴリー・ペック主演の映画、「アラバマ物語」など、文字通り当時の南部の状況を物語るものです。また、マッカーシー旋風に象徴される「反共産主義」の猛威が吹き荒れた時代でもありました。

相変わらずの大がかりなハリウッド映画が幅をきかせ、西部劇では「悪いインディアン」がころころと撃たれ、ジョン・ウエインがアラモの砦で咆吼する一方で、ジーン・ケリーは雨の中で歌っているし、マリリン・モンローはゆっさゆっさ揺すりながら歩いているし、オードリー・ヘップバーンは可愛いし、の時代です。

ローズマリー・クルーニーが「Come On a My House」のヒットをとばしたのが1951年、ジョー・スタッフォードが「You Belong To Me」を歌ったのが1952年、ドリス・デイが「Que Sera, Sera」でアカデミー賞をとったのが1956年。フランク・シナトラやらトニー・ベネットやらペリー・コモやらナット・キング・コールやらの時代です。

このような「(アメリカ白人にとっての)古き良きアメリカ」の流れの最後の輝きの一つとして、1961年の映画、オードリー・ヘップバーン主演の「ティファニーで朝食を」をあげることができるかもしれません。当時のオードリーの衣装や振る舞いなどは今から見ても全く古くささを感じさせないどころか、その後のヒッピー文化の「破壊性」を完璧に浮き彫りにするカンジすら抱かせます。共演のジョージ・ペパードのガッチガチのIVYファッションにしびれたヒトも多かったと思います。どうしたってあの服装で、銀座のみゆき通りを歩きたくなりますよね!で、主題歌「Moon River」を歌うは、みなさまご存じアンディ・ウイリアムス。アンディが指でほっぺたを「ポン!」と鳴らして「What?」というカンジでポーズをとるのが白人4人娘のコーラスグループ、ザ・コーデッツの「Lolly Pop」ですが、1958年当時の雰囲気を如実に表してます。因みにザ・コーデッツの「Mr. Sandman」、センセの好きな曲です。

というわけで、都会的かつ大卒の学歴を有する中上流の白人階層をターゲットとした(あるいは、それらへのあこがれを喚起する)雰囲気が濃厚な当時のアメリカのショービズ文化でしたが、これが1962年頃から大きく変わっていくこととなります。

本日はこれまで!


昭和40年代:時代と音楽-20

| | トラックバック(0)
キューバのカストロ議長が死にました。
90歳。
また一つの「昭和40年代」が、消え去りました。
で、カストロと言えばJFK。JFKの後はジョンソン、ニクソン、フォード、カーター、レーガン、ブッシュ(父親)、クリントン、ブッシュ(倅)、オバマ、そして次がトランプですので、確かにキューバは、好むと好まざるとに関わらず、時が止まった国ではありました。でも、オバマ政権下で国交が回復しましたので、これも好むと好まざるとに関わらず、今後は相応に変化していくことでしょう。でも、あのアメ車のクラシックカー群が消えていくのを見るのは寂しいですよね!

さて、センセは昨日もまたバイクのお稽古。
白バイなんかが見せる、停止からのフルロック右Uターン発進を延々とやってた。アクセルワークと倒し込みのバランスが難しい・・・。これをビデオで撮影し、後でチェック。勉強になります。

で、本日は「フィラデルフィア・サウンド」についてお話します。

ブラック・イズ・ビューティフルをスローガンに掲げたブラックパワーの全盛期が70年代初期ですが、ファンクな音作りを中心とした「ソウル」全盛の時期でもあります。一方で、黒人音楽の成熟を背景に、従来の南部系黒人音楽とは全く異なる新たなトレンドが、アメリカ東部のNYとワシントンDCに挟まれた都市、フィラデルフィアから生まれました。の名を冠して、「フィラデルフィア・サウンド」と呼ばれた一群の楽曲の誕生です。
代表的ミュージシャンとしては、オージェイズ、スピナーズ、スリー・ディグリーズ、ハロルド・メルビンとブルーノーツ、そしてスタイリスティックス。いずれもコーラスグループです。ソロでは、人妻との不倫を歌った曲「Me and Mrs. Jones」で有名なビリー・ポール。バンドとしては、スリー・ディグリーズや「ソウル・トレイン」のバックを勤めたMFSBなど。
以上は文字通りフィラデルフィアを本拠とした連中ですが、シカゴ発の代表がシャイライツ。シャイライツと呼ぶのかチャイライツと発音するのが正しいのか、本当のところは分かりませんが、スペルはThe Chi-Lites。「シカゴの灯り」という意味です。

フィラデルフィアサウンドの特徴は、ゆったりとしたテンポを背景に、甘く優しく美しいメロディーと裏声(ファルセットボイス)を駆使した歌を乗せた音作りにあります。スタイリスティックスの「You Are Everything」、「Betcha by Golly, Wow」、「People Make the World Go Round」、「You Make Me Feel Brand New」などが代表です。センセも大好きです。
もちろん、オージェイズやスリー・ディグリーズなど、「ソウル・トレイン」に登場するような、もっとノリの良い連中もいます。
シカゴのThe Chi-Litesは、「Oh, Girl」、「Have You Seen Her?」などが代表作です。これもゆったりとしたテンポを背景とした独特の雰囲気を持った楽曲で、センセは大好きです。

フィラデルフィア・サウンドのような、甘くて優しい一連の曲が出てきた背景には、ウッドストックやブラックパンサーなど、やかましく、荒々しく、暴力的で野放図な世相に対して、そろそろアメリカ人が嫌気を差し始めたのでは?と推測されます。
そのような風潮は、ロックの世界にも生じ始めます。
で、いよいよロック本番?とのお気持ちはよう分かりますが、もちっと待ってネ!

次回は、ボサノバ~映画音楽~ポップ~バート・バカラックのお話をします。

昭和40年代:時代と音楽-19

| | トラックバック(0)
洗練化とポップ化が進む70年代のソウル・ミュージックシーンですが、どっこいそうは問屋が卸さない、とくるのが南部系。メンフィスのスタックス・レコードの連中を中心に、ソウルの「保守本流」をしっかりと引き継いでいきます。

当時の南部系ソウルの「魂」を如実に示すものが、1971年の映画「Soul to Soul」。これは、西アフリカのガーナで開かれた音楽祭の実録ですが、ここにはまさに当時の南部系ソウルの神髄が寸分余すところ無く描かれています。
登場するのは、有名どころとしてアイク・アンド・ティナターナ、ステイプル・シンガーズ、ウイルソン・ピケット、ロバータ・フラック、そしてサンタナまでもが出演しています。
アイク・アンド・ティナターナは、題名となった「Soul to Soul」の他にも「River Deep Mountain High」など数曲歌ってますが、旦那のアイクとの「掛け合い」が面白いです。
ステイプル・シンガーズは、ギター担当の父親、ローバック・ポップス・ステイプルズと彼の三人娘で構成する四人編成のバンドで、もともとゴスペルだったこともあり、秀逸な歌唱力のみならず、歌の内容もしばしば宗教色が強く現れ、黒人達の自尊心を喚起するもの、あるいは黒人達がたどってきた苦難の歴史を歌ったプロテスト色の強いものなど、実力もさることながら、非常に重厚な雰囲気を持ったコーラスバンドです。ヒット曲には「Respect Yourself」や「I'll Take You There」などがあります。次女のメイヴィス・ステイプルズがリードヴォーカルを務めますが、彼女のエネルギッシュな歌いっぷりが大好きです!!!因みに、メイヴィスを見てると岡本綾子を思い出すのは、センセだけ?
個人的に大好きで、音楽的にも秀逸かつその後には世界的な名声を博することとなるメキシコ系のバンド、サンタナですが、せっかくの「Jungle Strut」を演奏しても観客のノリの悪いこと悪いこと・・・。サンタナといえども「黒さ」がゼンゼン足りなかったようで・・・。
これと対照的だったのが、ウイルソン・ピケット!彼の「ダンス天国」では観客が舞台に登ってみんな踊り出し、これで映画の最後が締めくくられます。傑作なのは、黒人の素人のオッサンの踊り!ナンか、「ごんべが種まきゃ」みたいなカンジですが、もうまわりを一切気にしないで自分の世界に入り込んでひたすら自分のリズムで踊り続けるあの根性が立派!!!

「Soul to Soul」の翌年、1972年には、ロサンゼルスで開かれたコンサートを主題とする映画「ワッツタックス」が封切られます。
「ワッツタックス」はスタックス・レコードが企画したコンサートで、当時のスタックス・レコードに所属していた連中が多数出演。映画では黒人コメディアンのリチャード・プライヤーが出演して何のかんのと言ってますが、コンサートとは無関係です。
出演者の中の有名どころでは、ドラマティクス、ステイプル・シンガーズ、バーケイズ、アルバート・キング、カーラ・トーマスとルーファス・トーマス親子、ルーサー・イングラム、そしてアイザック・ヘイズなどがいます。
映画全体を流れる主題は、「ブラック・イズ・ビューティフル」!演奏の合間合間に、例えば黒人のサンタクロースとかイエスキリストとか、テーマに沿った「絵」がちりばめられます。演奏では、個人的にはステイプル・シンガーズがやはり秀逸だと思います。ルーファス・トーマスとかはもはやコメディアンみたいですし、ルーサー・イングラムなんぞは「君を愛するのが罪ならば、僕は罪深くありたい・・・」なんてにやけきった歌を歌ってます・・・。
で、最後に登場するのがアイザック・ヘイズ!アイザック・ヘイズ登場時の司会が、政治にも足を突っ込んでいた人権運動家にして黒人牧師の、あのジェシー・ジャクソン!
「さて、ご兄弟の皆さん、いよいよあの「ワル」が登場しますよ!ワルです、ワル!牧師の私が言うのもナンですが、「ワル」の登場です!」
とかナンとか紹介するうちに「ワル」が登場!チャカポコチャカポコの「Shaft」の前奏の中でジャクソン牧師が「ワル」の帽子を取ると、あのつんつるてんの頭が出現!さらにガウンを脱ぐと、裸体に鎖・・・。
で、いよいよ歌い始めて、
「可愛子ちゃんみんなを満足させることが出来るヤツは一体誰だい?」
「それはシャフトよ!」
「そうともさ!」
みたいなカンジ・・・。イや~、実に意味シンで微妙に良いですね~。

最後に、黒人系バラードの伝統を受け継ぎつつも独自のスタイルを確立して大人気を博したヒトを紹介して、本日はお開きといたします。
そのヒトの名は、アル・グリーン。
代表曲が、「Let's Stay Together」。
四の五の言わずにただ一言。
名曲です。
では・・・。

と、言いたいところですが、1971年のビル・ウイザース、「Ain't No Sunshine」とビリー・プレストンの「Outa Space」を忘れそうだった!!!
因みにビリー・プレストン、あのビートルズのアップル屋上の演奏でオルガンを弾いているヒトです。
「Ain't No Sunshine」、名曲中の名曲です。
「Outa Space」、センセは未だにディスコの振り付けを覚えてます。

では、こんどこそ本当に、お休みなさい・・・。

と、言いたいところですが、
1972年のジョー・テックスの「I Gatcha」まで言わせてキャシアス・クレイ!
ガチガチの南部系のソウルシンガーであるジョー・テックス。
ジャクソン5あたりはまだしも、カーペンターズなんぞが流行っていたこの当時にガッチガチの泥くさ~いソウルの「I Gatcha」をヒットさせた!

・・・因みにセンセ、ルーペ・フィアスコのI Gatcha」も大好きでございます・・・。


ということで、こんどこそはホントのホントに、お休みなさ~い!!!

昭和40年代:時代と音楽-18

| | トラックバック(0)
ブラックパワー全盛期のモータウンと南部系黒人音楽について、お話します。
ファンキーミュージック全盛の時代ですが、両者ともに、特有の音作りは脈々と受け継いでおりました。
モータウンでは、この頃には従来の典型的なモータウンサウンドは影を潜め、新たなタイプのサウンドが登場し始めました。その代表が、ジャクソン5です。

声変わり前のマイケルを中心とした5人組は、あの時代特有のアフロヘアーとベルボトムに身を包み、「I Want You Back」、「ABC」、「I'll be There」、「Never Can Say Goodbye」、「Ben」、「Lookin' through the Windows」と立て続けにヒットを飛ばし、当時のアメリカのミドルティーンのアイドルとなりました。

この頃のマイケルは本当に可愛かったんですけどね・・・。

同時代に活躍したモータウン系ミュージシャンが、ダイアナ・ロス。言わずと知れた、シュープリームスのリードボーカルです。「Touch Me in the Morning」や「Theme from Mahogany」などのヒットを飛ばしただけでなく、1971年の映画、「ビリー・ホリデイ物語」の主演を演じました。因みに「Touch Me in the Morning」。くれぐれも「****Me in the Morning」などと口が裂けても言い間違えないように!!!!!!! 

と言うカンジで、相変わらずのポップな音を主体とするモータウンでしたが、ブラックパワーの時代を背景とした、新たな試みも見られます。
エドウィン・スターの「War」、マービン・ゲイの「What's Going On」、そしてNYの黒人ゲットーの日々について歌ったテンプテーションズの「Papa Was a Rolling Stone」など、当時のモータウンの代表的プロテストサウンドです。

そして程なく、70~80年代を席巻することとなるモータウンの代表選手、あの、スティービー・ワンダーの登場となります。

スティービー・ワンダーは、ティーンの頃はリトル・スティービーなどと呼ばれ、既に「Fingertips Part 1」、「A Place in the Sun」、「Uptight」などのヒットを出していましたが、爆発的に有名になったのはこの当時から。1972年の「Superstition(邦題:迷信)」、翌年の「You Are the Sunshine of My Life」を皮切りに次々とヒットを飛ばし、「世界のスティービー・ワンダー」となったのは、皆さんもご承知のところだと思います。
個人的には、「Superstition」直前のアルバム、1971年の「Where I'm Coming From(邦題:青春の軌跡)」が最高傑作で、その後はポップ、だと思ってます。このアルバムは彼の音楽にかける想いと才能を余すところ無く昇華した美しい楽曲で満ちあふれ、フィーチャーされた曲には一つとして駄作が無い!と言っても過言ではないほどの出来の良いアルバムです。このアルバムを最初聴いたとき、なんでこのヒトが(昔は有名だったけど)ヒットチャートに出てこないんだろ?と思ってましたが、次の次のアルバムからリリースされた「Superstition」がNo.1となり、その後は快進撃となりました。けれども、先に述べたように、あくまでも個人的には、以降の曲は「ポップ」にしか聞こえません・・・。

ただし、彼の音には、当時すでに、もはや黒人らしさのかけらもありません・・・。
ま、だから、「世界のスティービー」になったのでしょうけど・・・。