今月の書評-37

| | トラックバック(0)
「縄文シリーズ」で引用した本の情報はすでにいくつかが古くなっているようですので、これらの新規更新も兼ねて、新たに列島への侵入ルートを考えてみたいと思います。

北方ルート説
10 年くらい前までは、この北方ルート説が花盛りでした。
その最大の理由が、「マリタ遺跡」というバイカル湖畔の有名な遺跡の存在にあります。

マリタ遺跡-1-1.jpg

マリタ遺跡は今からおよそ2 万3~4,000 年前の遺跡で、多くのマンモスの骨や細石刃形式の石器群が数多く出土したことから、いわゆる「マンモスハンター」の人々の住居跡だと考えられています。
そして、今の時代、近傍に典型的な北方モンゴロイド系の狩猟民族であるブリヤート人が住んでおり、彼らと現代日本人との遺伝子上の類似から、列島初期の住人達はマンモスを追って樺太から北海道へと渡った、そして他の一派は朝鮮半島から北九州へと渡った、という説が主流となりました。

マリタ遺跡-2-2.jpg
 ↑ こういうカンジです。

ところがその後にマリタ遺跡から出土した人骨のDNAを調べたところ、彼らはアジア系ではなく、欧州系の人々であったことが明らかとなりました。おまけに日本列島に旧石器時代人が住み着いたのは4~3万5,000 年くらい前のことですから、マリタ遺跡、少し新しすぎます。それもこれもあって、結局、上記経路説はしぼんでしまいました。


中央アジアルート説
日本人男性、特にアイヌ人や沖縄人には縄文人の血が色濃く残っていると考えられるわけですが、根拠の一つがYDNAのハプロタイプ分析結果によるものです。
今月の書評-17」では縄文人に特有のYDNAハプロタイプをD2 と書きましたが、現在ではさらに分析が進んで、より下位のタイプであるD1b に分類されるようになりました。
ホモサピエンスがアフリカを出た当初、Dタイプの人々とEタイプの人々とは未だ渾然一体となって明確に分岐していませんでしたが、時代が下るにつれてまずはDEが分岐。さらにその後、Dはいくつかのサブグループに分かれていき、日本列島に到達後にD1b として落ち着いた、と考えられています。従いまして、D系統において最も古いタイプはDEで、次にD*、縄文人のD1b は最後に分岐したタイプであるとみなされます。 

これまで、チベットとインド洋の島であるアンダマン諸島にDタイプのYDNA を持つ人々がいることが明らかとなっていましたが、なぜ日本列島の縄文人とチベット人、そしてインド洋のアンダマン諸島にDの親戚がいることは謎でした。
ところが数年前、チベット住民からDEのタイプを持つヒトが見つかり、その結果、縄文人中央アジアルート説が浮上することとなりました。

マリタ遺跡-3-2.jpg
 ↑ こういうカンジです。青色は、アイヌ系が樺太経由で北海道に来たと仮定した場合の想定ルートです。

でも、これ、ちょいと可笑しい気がする。なぜか。
縄文のご先祖さまたち、チョンガー集団だったはずがないから。

チベット奥地から日本列島に到達するまで数万年はかかっているはずですから、その間オトコ連中だけで過ごせるはずもなく、当然女性陣を伴っていたはずです。
で、縄文を彩るミトコンドリアDNA(mtDNA)はM7aN9b ですから、当然両者(あるいは両者のプロトタイプ)共にYDNAと軌跡を共にしなければおかしい、となるわけです。

では、というのでmtDNAを調べてみました。以下の図です。

マリタ遺跡-5-2.jpg
こちらはチベットをかすりもしない。見事なまでに南回りです。

ということは、縄文のオトコ連は日本列島直前で連れの女性陣を捨て、南から来たMNのmtDNA を持った女性陣に乗り換えた???そのとき南から来てた男性陣はどうした?

ま、そんなことはありそうもないお話ですね。

ともかく、YDNA の結果とmtDNA の結果を力技で統合してみると、以下のようなカンジになります。

東南アジアルート説

マリタ遺跡-4-2.jpg
とにかくインド亜大陸からD関係が見つかっていないので、Dのオトコはチベットから一旦東南アジアに南下し、さらに一部はアンダマン諸島に渡航し、さらにここで女性陣を乗り換えて新たに北を目指した、というシナリオとなります。これはセンセがエイヤッ、とばかりに考えた。

でも、ホントかな?

と訝しく(いぶかしく)思っておりましたら、つい最近、金沢大学が愛知県の伊川津(いかわづ)遺跡から出土した約2,500 年前の縄文晩期の女性人骨のゲノム配列を解読し、これをアジア各地の古人骨から得られたゲノム情報と比較した、との報道がありました!その結果、縄文人から得られたゲノム配列は、東南アジアから得られた古人骨のゲノム配列と最も良く似ていた、とのことでした!

そうなりますと、以下のようなカンジかな?

マリタ遺跡-6-2.jpg
これはセンセが考えた先の図と大変よく似ています。ただし、こちらは東南アジアまでの経路が不明なので、その点、物足りない気もしますが、少なくとも男女ともに南方由来である可能性が十分に高くなったと思います。

で、肝心のアイヌのご先祖さまが樺太経由なのか、あるいはことによるとひょっとして津軽海峡を渡って北海道に住み着いたのか、新たな疑問が生じます。
南経由で列島に渡り、北進後、津軽海峡を渡った人々がアイヌ人の先祖となったのであれば、まさにアイヌ人こそは縄文人の直系の子孫であり、アイヌ語イコール縄文語である可能性が高まりますが・・・。

さて・・・・・・・。



今月の書評-36

| | トラックバック(0)

ピ-リカピリカ

これはセンセが小学校の時に習ったアイヌの歌です。
意味は、
「きれいだね~美しいね~良い日だね~。美しい子がいるよ~誰だろうね?」
というカンジ。説明されないと、全くわかりませんね!

お次は有名な沖縄のわらべうた。


このままでは分かり難いかもしれませんね。漢字をふると、

てんさぐの花(鳳仙花のことです)は爪先に染めて、
親が言ったことは肝(きも)に染めよ

となります。意味明瞭ですね!


以上から分かるように、アイヌ語は日本語と体系的に相当異なる言語ですが、沖縄の言葉は(あるいは昔の沖縄の言葉は)、耳で聞くと異国の言葉に聞こえるかもしれませんが、現代日本語の一方言に過ぎません。
そして、「縄文シリーズ」で何度も述べたように、沖縄人もアイヌ人も縄文人の血を色濃く残している人々です。
縄文以降の沖縄に何があったのか、これは後のテーマとして残しておきますが、次の点はハッキリと言えると思います。すなわち、アイヌの人々が縄文人の直接の子孫であるとするならば、アイヌ語=縄文語であるのは間違いのないところである。加えて、アイヌ語の話者は極めて数が少なくなってしまったとはいえ、金田一京助博士以来のアイヌ語研究には少なからずの蓄積があるわけですから、これは縄文言語研究そのものを意味することになります。

これは正しいでしょうか?

これを検証するために、今一度、列島にどのようにしてご先祖さまが住み着いたのか、おさらいしてみたいと思います。以下、次号!




今月の書評-35

| | トラックバック(0)

ひむがしの 
     のにかぎろひの たつみえて 
                  かえりみすれば つきかたぶきぬ



いきなりの和歌で登場です。読めますよね?
以下、漢字をふると、

東の 野に陽炎のたつみえて 返り見すれば 月傾きぬ

となります。何の注釈もなく、意味明瞭ですね!
ご存知、柿本人麻呂さんの歌です。
今から1,300 年以上も前、7世紀の言葉です。

今から1,000 年以上も前の言葉の意味が何の注釈もなく明瞭に理解できるとするならば、この歌が詠まれた7世紀からさらに1,000 年くらい前の言葉も、たぶん、そんなに変わっていないのじゃなかろうか、と想像しても大きな間違いはないと思います。
この歌が詠まれた時代のさらに1,000 年くらい前というと、紀元前300 年くらい前、ということになります。いわゆる「弥生時代」に相当します。

この先詳しくお話していく予定ですが、弥生人と縄文人、あるいは弥生文化と縄文文化、という形で、しばしば対立的に語られます。両者の際立った違いは明らかですので当然だと思いますが、一方で、「縄文シリーズ」で何度も言及したように、現代日本人には縄文人の遺伝子が色濃く残っているわけですから、言語を含む縄文文化もまた現代日本に色濃く残っているのではないのか、あるいは極端に言えば、先に述べた柿本人麻呂の歌も「縄文語」で歌われたものなのではないのか、などという珍説を提出してもとりあえずはOK かも知れません。

で、まずはこの「珍説」を葬り、ついで「弥生人とは日本語を話す人々である」と定義して、「弥生シリーズ」の初頭を飾りたいと思います。



今月の書評-34

| | トラックバック(0)
みなさまこんにちは!久々の登場です。
いつのまにやらあの猛烈な酷暑の日々もすっかり影を潜め、秋もたけなわ。
朝晩には冬の足音すら薄っすらと聞こえつつある坂城です。

一年近く続いた縄文シリーズも一応終止符を打ち、新たに弥生シリーズを立ち上げるべく色々準備していたセンセでしたが、弥生人は縄文人よりもよっぽどクセモノ!調べれば調べるほど混乱してくる主題である、ということがよお~っく分かりました。

とりあえず、以下に参考にした書籍を列挙します。縄文人との重複もあります。

言語系
大野晋    日本語の起源  岩波新書
小泉保    縄文語の起源  青土社
大木紀通   縄文語の言葉  花伝社
大野敏明   日本語と韓国語 文藝春秋

農学系
佐藤洋一郎  稲と米の民族誌 NHK
佐藤洋一郎  イネの歴史   京都大学

考古学系
高田貫太   海の向こうから見た倭国 講談社
森下章司   古墳の古代史     ちくま新書
工藤雅樹   蝦夷の古代史     平凡社

歴史系
藤尾慎一郎  弥生時代の歴史   講談社
水野祐    日本古代の国家形成 講談社
小林恵子   古代倭王の正体   祥伝社
吉田一彦   日本書紀の呪縛   集英社
遠山美都男  白村江       講談社
森公章    白村江以後     講談社

朝鮮系
朝鮮史研究会 朝鮮の歴史          三省堂
鳥越憲三郎  古代朝鮮と倭族         中公新書
長浜浩明   韓国人は何処から来たか     展転社
室谷克実   日韓がタブーにする半島の歴史 新潮新書
豊田隆雄   本当は恐ろしい韓国の歴史     彩土社

沖縄系
伊波普猷   古琉球         岩波
伊波普猷   沖縄歴史物語     平凡社
来間泰男   グスクと按司 上下   日本経済評論社
来間泰男   琉球王国の成立      日本経済評論社
山里純一   古代の琉球弧と東アジア 吉川弘文館
黒嶋敏    琉球王国と戦国大名     吉川弘文館
高宮廣衛   先史古代の沖縄      第一書房
間宮厚司   沖縄古語の深層      森話社
安里進    琉球の王権とグスク    山川出版社

その他
上野誠  万葉集から古代を読み解く       ちくま新書
武光誠  日本人なら知っておきたい古代神話 河合書房
三浦佑之 万葉びとの家族誌         講談社


また、ウイキペディアなど、ネットからの情報も数多く参考にさせていただきました。特に、以下のブログからは多くの情報と考える機会が得られましたので、ここで感謝の気持ちを込めて紹介させていただきます。

伊藤俊幸氏 日本人の起源 http://www.geocities.jp/ikoh12/index.html
知識探偵氏 知識探偵クエビコ http://digx.hatenablog.com/
金平譲司氏 日本語の意外な歴史 http://www.jojikanehira.com/

伊藤氏のブログは古いですけど、旧石器時代から大和政権時代に至るまでを網羅し、教科書的な意味でとても参考になります。いくつかのヒントも得られました。
知識探偵氏は、人類学系の遺伝子解析の専門家のようです。あまり読みやすいブログではありませんが、原著論文に当たらずとも最新情報が得られます。
金平氏は言語学の専門家で、日本語の起源に関して「目からうろこ」の情報がリアルタイムで得られます。