今月の書評-41

| | トラックバック(0)
と、いうことから、ザザッと計算すると、アイヌのご先祖さまと縄文人のご先祖さまが大陸で分かれたのちに再び北海道で会合するまでに要した時間はおよそ一万年くらい、と見積もられます。

で、途中まで一緒でしたので、ザザッと言って、縄文語とアイヌ語は同類の言葉、とも言えます。

でも、一万年て、長いですよね!100 世紀ですよ、100 世紀!!!
100 世紀の間に言葉はどのくらい変化するのか、本当のところは誰にも分かりませんが、言語学における最新の説は以下のようなカンジです。

世界中の言語の中で最も研究が進んでいるのが、いわゆるインド・ヨーロッパ系の言語です。そして、皆さんご承知のように、インドのアーリア語とドイツ語やイタリア語などの欧州の言語とは同源である、と認められています。
で、これらの言葉はいつ頃分かれたのか、という疑問が生じますが、現在、大別して二つの説があります。

一つは「クルガン説」で、これは主に考古学的証拠に基づいた説です。すなわち、クルガンと呼ばれる騎馬民族集団が今からおよそ6000 年前に中央アジアに住んでおり、勢力の拡張に伴って彼らの言語がインド・ヨーロッパに広がった、というものです。
もう一つは「アナトリア説」と呼ばれるもので、これは最新の統計学的手法を用いて言語学的観点から述べられた説です。すなわち、現在のトルコの地であるアナトリア半島に今からおよそ8000~一万年前に住んでいた連中の言語が農業技術の広がりに伴って欧州全体に拡大した、というものです。

ま、どちらが正しいのか、論争は継続中かと思われますが、いずれにしましても、一万年より古くはならないようです。
であるならば、アイヌ語と縄文語は英語とヒンディー語、小さく見積もった場合でも英語とイタリア語程度の違いは生じていただろう、と考えても大きく外しはしないかと思います。


さて、ちょいとお話変わって、実際のアイヌ語をここで少しご紹介したいと思います。YouTube をサーフィンしていたら、心に残るアイヌの子守歌がうp されてました。「60のゆりかご」という題名です。アニメも素晴らしいので、ぜひお聴きになってください!
この歌から、カント→空、チセ→家、ポンペ→赤ん坊、ペッ→川を意味することがわかりますね。

ポンペ、って可愛い響きですね www!いかにも「赤ん坊」っていうカンジです。

また、シロカネ、コンカネはそれぞれ白金(銀)、黄金でしょうから、日本語から入ってきた言葉であることも分かります。

アイヌ語で「神」を意味する有名な言葉、「カムイ」ですが、これが神から借用された言葉なのか独自のものなのか、あるいは同源なのか、これも論争があるようです。



今月の書評-40

| | トラックバック(0)
続きです。

北海道への細石刃文化の流入とマンモスハンター
日本列島各地でナイフ形石器文化が花盛りだった頃、北海道に細石刃文化がシベリアから流入しました。

最新の研究では、細石刃文化の流入は今からおよそ2 万3000 年くらい前、と考えられています。
また一方で、マンモスが樺太を通じて大陸から北海道に到達したのは3 万~2 万5000 年前、さらに、マリタ遺跡にマンモスハンターが住んでいたのも同じ時期です。

と、なりますと、次のようなシナリオが描けます。


姶良火山が大噴火した
粉塵が大気を覆い、地球規模で気温が低下した
海面が低下し、大陸と北海道が樺太を通じて繋がった
さすがのマンモスたちもシベリアの寒さに耐えかねて南下した
これを追ってシベリアのマンモスハンター連が細石刃技法を伴って南下してきた


どうでしょうか?すんなりと腑に落ちるようなカンジがしますが・・・。


細石刃文化を伴って大陸から北海道に渡ってきたマンモスハンターこそが、アイヌの祖先だ!
細石刃技術は、マリタ遺跡に住んでいた人々がマンモスを効率的に狩るために編み出した文化です。で、当時のマリタ遺跡に住んでいた人々が欧州系の連中であったのは、すでに何度も述べたところです。
で、あるならば、北海道にマンモスを追って流入してきた人々は、これら欧州系のマリタ人だったのでしょうか?

DNA 分析によって、その可能性は完全に否定されています。

「ヒトが流入しなくても、文化だけが入ってきた可能性もあるジャン!」という問いも提出できます。その場合は次のようなシナリオとなります。


北海道では津軽海峡を渡ってきた旧石器時代人がほそぼそと生活していた。
                ↓
      「近頃やけに寒くなってきたのお~」と感じていたころ、
 見たこともない毛むくじゃらのゾウが北からのっしのっしと押し寄せてきた。
                ↓
  そのうちの一頭は背中にケガをしていた。見ると、槍が刺さっていた。
                ↓
  やさしい旧石器時代人が可哀そうに思い、刺さった槍を抜いたところ、
        槍先には細石刃技法が使われていた。
                ↓
   「おお、これは素晴らしい!」と北海道の旧石器時代人は恐れ入り、
           早速真似するようになった。
                ↓
槍を抜いてもらったマンモスは、お礼に「あなたに温かい毛皮のマントを差し上げましょう。けれども私がマントを作っているところを覗いてはいけませんよ!」
              と言った。
                ↓
       けれども好奇心に駆られた旧石器時代人は、
    ある晩マンモスがマントを作っているところを覗いてしまった。
     マンモスは、自分の皮を剥いでマントを作っていたのだ!
                ↓
   「見ましたね?」と言ったマンモスは、温かい毛皮のマントを残し、
      丹頂鶴となってシベリアに飛び去っていった・・・。


どうでしょうか?可能性としては低い展開ですね。
インターネットやSNS も無い時代ですから、やはり文化の伝達にはある程度の人数が伴っていた、あるいは、すでにこの頃までには北海道と大陸のマンモスハンターとの間には何らかの物流システムが存在していた、と考えるのが妥当だと思います。
そしてマリタ遺跡~細石刃~マンモスという流れを素直に読み取る場合、北海道の少数の旧石器時代人が北上し、細石刃文化を学んだ後、再び北海道に戻った、という展開は極めて考えづらいと思います。

で、この項の結論。
「マンモスを追って大陸から北海道に流入してきた人々がアイヌ人の祖先である、という可能性が強くなった!」

DNA 的にはどう?
「今月の書評-24」でアイヌ人のmtDNA の結果を示しました。最も古い時代のものでも縄文時代ですので、当時のアイヌ人にはすでに北方系モンゴロイドのDNA がある程度流入していることも示しました。

けれども、マリタ遺跡の欧州系の遺伝子はまったく検出されませんでした。

細石器技術が流入したのは2 万3000 年くらい前のことですから、当時のシベリアには北方系モンゴロイドは未だ存在していません。

で、あるのなら、今月の書評-24」で示した縄文時代のアイヌ人のmtDNA パターンから北方系モンゴロイドのパターンを差し引いたものが、細石刃を持ち込んだ旧石器時代のアイヌのご先祖と目される人々のmtDNA のプロトタイプである!と断定してもOK だと思います。さらに言うならば、南から来て住み着いていた南方由来の旧石器時代人のmtDNA を差し引けば、さらに精度が高くなる可能性もあります。すなわち、ここからM7a を引くのです。

そうなりますと、アイヌ人mtDNA のプロトタイプは、ほぼN9b 一色となるように思われます。

で、沖縄や石垣島から出土した縄文人骨はもっぱらM7a であり、列島各地から得られた縄文人骨のmtDNA 分析からは南から北へのM7a →N9b 勾配が確認されるわけですから、ここから得られる結論は以下のようなカンジとなります。


チベット高原から東南アジアに到達したご先祖さまたちは、
その後、M7aN9b のプロトタイプのハプロタイプ(ややこしくてすいません) 
を持った女房連を伴って、中国大陸を北上した。
 道すがら、沖縄や八重山諸島に住み着いた少数派もいた。
途中で、朝鮮半島を経て日本列島に移住する一派と
そのまま北上する一派に分かれた。
北上した一派を待ち受けていたのは、恐ろしいほどの寒気だった。
ここで、エネルギー産生装置であるミトコンドリアに
強い淘汰圧がかかった。つまり、
N9b のミトコンドリアはM7a よりも寒気に耐えた!
 ↓
時が経つにつれ、彼らのmtDNA は、ほぼN9b 一色となった・・・。


と、いうカンジでいかがでしょうか?


結論
ウイキのY染色体ハプログループD の項目に、興味深い図が載っています。
以下の通りです。

YDNA-D.jpg
これはYDNA のD 全体の分布図です。色が濃ゆいほどD が文字通り色濃く残っている、と考えてください。
チベットと日本列島、特に北海道なんかは真っ黒けですね!

興味深い点は、樺太南部~千島列島~黒竜江(アムール川)に沿ってD の分布が見られる点です。アルタイ山脈の北辺にも薄く残っているので、一見すると、カザフやキルギス辺りでD は二手に分かれ、北回りの一派がバイカル湖から黒竜江を下って樺太~北海道に到達したようにも見えますが、アルタイ山脈はとりあえず置いといて、黒竜江沿いのD は、もっと時代が下った頃のアイヌ民族の大活躍の跡を示すものだと思います。

まず、YDNA の分析結果は現代人から得られるものだということを思い出してください。今現在、この地域に居住している人々は、ロシア人を除き、北方系モンゴロイドの代表格であるツングース系の人々です。で、アイヌのご先祖様が来た当時は彼らはまだいなかったので、その頃の遺伝子の足跡を示すものとは考えられません。
アルタイのD はD* であり、古いタイプではありますが、わずか2%しか検出されず、チベットの分派のなごりみたいなカンジです。

アイヌ民族は、現代ではもちろん圧倒的に少数派となってしまいましたが、歴史時代においては北海道から樺太~千島列島に進出しただけでなく、大陸に渡り、ツングース系の連中や歴代中国王朝の出先機関などと大いに交易をおこなっておりました。
モンゴル帝国のころにはモンゴルの軍隊とも大いに戦い、しばしばこれを打ち破った、という武勇伝もあるほど、実に勇敢な民族だったのです!

アイヌの酋長-2.jpg
これは江戸時代のアイヌの酋長の図です。威風堂々としてますね!
北海道博物館開館記念特別展「夷酋列像(いしゅうれつぞう)」からです。
http://www.hokkaidolikers.com/articles/3115


従いまして、黒竜江沿いのD の足跡は、歴史時代におけるアイヌ民族の交易の跡を示すもの、と考えるのが合理的だと思います。

ただ一点付け加えるとすれば、彼らは黒竜江のルートを「知っていた」からこそ、このような交易が可能となったのかも知れません。
もしも彼らが東南アジアからシベリアに到達後にマリタ遺跡のマンモスハンターと出会い、その後に黒竜江を下って最終的に北海道に到達したとするならば、その記憶や伝承が子孫にも伝えられたのかも知れません。

本当のことはもちろん分かりませんけどね!
で、最終的な結論は下図を参照のこと。

マリタ遺跡-7-3.jpg
みんな、遠路はるばる苦労を重ねて日本に来たんだね!
やっぱり、お盆にはご先祖さまに感謝しなくてはいけません。

ではっ!


今月の書評-39

| | トラックバック(0)
さて、アンダマン諸島の諸部族について少し調べてみました。

ウイキによると、アンダマン諸島の部族は大アンダマン系とオンガン系の2 グループに大別され、D* のYDNA を持つのはオンガン系のみだそうです。また、彼ら のD* の保有率は100% に達するとのことでした。
ということから、出アフリカ後、大アンダマン系の人々はインド亜大陸南岸沿いに到達したのに対し、オンガン系の人々は、「今月の書評-37」で示したように、チベットから南下して渡航してきた可能性があります。
一方で、mtDNA を見てみると両者共に南経路のハプロタイプに属するとのことですので、これはセンセが先に考えた説を大いに補強する結果となっています。

なんだ、やっぱし東南アジアで女房を乗り換えたんじゃん!

ま、それはさておき、残された写真などを見ても、アンダマン諸島住民は部族ごとに顔立ちもナカナカ異なっています。これは台湾のいわゆる「高砂族」などと呼ばれていた先住民にも当てはまることで、明治時代頃に撮られた台湾先住民の写真を見ると、顔立ちなども各部族ごとに特徴があります。当然、言語的にも単なる方言以上の違いがあったかと思われます。で、このような特徴は、当然ながら、縄文時代のご先祖さまたちにも、ある程度、当てはまると思われます。(アンダマン諸島住民の写真、ここにいくつか掲載したいのはヤマヤマなんですが、その~、NHK とは違って皮や草のブラジャーしてないので、涙を呑んで載せません。どうぞ各自でググってください。)

と、いうことから、YDNA のD を有する連中は東南アジアあたりで女房を乗り換えた後、南に向かった一派はオンガン族に、北に向かった一派は日本列島に到達後に縄文人になったと考えられます。

では、アイヌ人は何処から来た?樺太経由か?朝鮮半島から渡来した連中が津軽海峡を渡ってそのままアイヌ人となったのか?
もしも旧石器時代の人骨が日本列島~樺太~シベリア~朝鮮半島などから出土し、DNA 分析が可能なほどに状態が良かったならば、恐らくは、決定的な確証が得られるでしょうが、残念ながら全く得られていないので、石器その他の状況証拠だけで推測していかなくてはなりません。で、整合性~可能性~合理性がより高い推論をもって結論付けたい、と思います。

本州と北海道、どっちが古い?
日本列島にたどり着いた旧石器時代人ですが、北海道とその他の列島と、まずはどちらに先に到達したのか?これを知るには、これまでに全国から出土した旧石器時代(当然ホモサピエンス)の遺跡の年代を調べれば分かりそうです。

で、長野県の野尻湖畔から出土したナウマンゾウの殺戮現場が最も古そうで、これはおよそ4 万年前と見積もられています。
他にも3 万5000 年前の遺跡がいくつか発見されていますが、全て北海道以外の場所であり、加えて、これらの古い遺跡から出土する石器類はすべて南方系の特徴を有するものだそうです。

北海道で最も古いと考えられている遺跡は帯広市の「若葉の森遺跡」で、ここから出土した黒曜石でできた石器類はおよそ3 万年前と見積もられました。また、これらの石器は全て黒曜石から得られた剥片ばかりで、二次加工もなく、単純な形式のものが大部分であるとのことです(下の写真)。

若葉の森遺跡-2.jpg
「帯広の遺跡」より http://www.octv.ne.jp/~hyakunen/iseki-guide.htm#wakaba

現在までのところ、北海道から出土した旧石器時代の遺跡の多くは古くて2 万5000 ~3000 年くらいのものであり、3 万年と見積もられる若葉の森遺跡は例外的だと思われます。

で、この項の結論。

「旧石器時代人は、東南アジアで培った石器文化を伴ったまま、まずは朝鮮半島から九州に上陸、その後に本州全体に広がった。その後、少数の連中が津軽海峡を渡って北海道に到達した可能性は、ある。」

石器の形式と旧石器時代の文化圏
少数の旧石器時代人が津軽海峡を渡って北海道に到達し、そこで人口を増やして後のアイヌ人となったとするならば、この時代の本州、特に東北地方と北海道の間で文化の連続性が見いだせるはずです。
で、この時代の文化と言ったって「石器」とか「狩猟わなの跡」とか「石焼料理の跡」とかで判断せざるを得ないわけですが、石器の分析がずいぶん進んでいるので、これに基づいて推論してみたいと思います。

先に述べたように、3 万年前の遺跡が一点見つかっているとはいえ、北海道の旧石器時代の遺跡の多くは2 万5~3000 年前以降のものが大部分です。
その一方で、その他の列島各地では、3 万4000 年から2 万7~9000 年前の時代において、すでに「日本独自」とも考えられている特有の形式をもった石器が作られるようになりました。いわゆる「ナイフ形石器」です。

ナイフ形石器-2.jpg
「カチカチ石器づくり」より https://blogs.yahoo.co.jp/hard_6shale_7collector_8/38842854.html


ナイフ形石器はいわゆる「石刃(せきじん)」技法で作られた石器で、日本列島の周囲からはあまり出土しないため、列島独自に発達した石器と考えられています。石刃技法とは、これまでの石器が破片を捨てて残った核を主体に使用していたのに対し、捨てていた鋭利な破片を石器として利用しようと考えだされた技法です。これをさらに進化させたものが「今月の書評-11」でご紹介した「細石刃」技法で、マリタ遺跡に住んでいたマンモスハンターの連中を通して列島に伝わったと考えられています。

で、今月の書評-10」でもご紹介した今からおよそ2 万7~9000 年頃前の「姶良カルデラの大噴火」以前の時代には、北海道ではナイフ形石器は未だ作られておりません。

姶良カルデラの大噴火によって西南日本は壊滅的な状況となるわけですが、これを境にして、日本列島の旧石器時代は大きな変化を迎えるように思えます。
まず初めに、ナイフ形石器がさらに進化すると同時に、この時代も後半期になると、尖頭器(せんとうき、ポイント)と呼ばれる新しいタイプの石器が登場するようになりました。両者共に棒の先端に取り付け、大型獣を狩る際に用いられたと考えられています。

尖頭器-2.jpg
こういうカンジです。「旧石器時代の教科書」より http://palaeolithic.jp/primer/4/index.htm 


また、この時代から石器の形式に地方色が見られるようになり、特に東日本と西日本で明白な差が生じるようになりました。このことから、現代に至るまで続く日本列島の東西文化の違いというものが、実に旧石器時代にさかのぼる可能性が指摘されています。

なぜこの時代に東西文化の差が生じたのか定かではありませんが、姶良カルデラの大噴火による植生や動物相の変化~西南日本の人口希薄化~旧石器時代人の移動、東日本への人口集中~植生が回復するにつれての朝鮮半島からの旧石器時代人の新たな流入、などが考えられます。
また、この時代の北海道では、広郷型(ひろさとがた)と呼ばれる独自の形式をもったナイフ形石器が作られるようになりました。

で、この項の結論。

「姶良カルデラ大噴火以前の北海道は人跡まばらの状況。出土する石器にも先進的なナイフ形は未だ見られない。噴火以降、独自性の強い広郷型と呼ばれるナイフ形石器が見られるようになるが、この頃までは、北海道は他と比べ、むしろ人跡未踏の地のイメージが強い。」




今月の書評-38

| | トラックバック(0)
昨年に比べて寒さの到来が明らかに遅い日本列島ですが、そろそろ冬支度も迫ってきたここ坂城です。

さて、「アンダマン諸島」なんて日常的にはほとんど耳にも口にもしない言葉ですが、このブログを常日頃から読んでくださっているIQ のすこぶる高い皆様方としては、

「ああ、例のD*のYDNA ハプロタイプを持つ連中がいる島のことだね。ま、社会人としての一般常識だね!」

なんて余裕しゃくしゃくでニュースをお聞きになったことかと思います。

ナンカ、冒険家兼キリスト教の伝道師のアメリカの若者が、よせばいいのにアンダマン諸島の一つである北センチネル島に伝道目的で渡航し、現地の住民に矢で射殺されたそうです。
今月の書評-37」で示したように、ここの住民は非常に古い時代に現代のミャンマーあたりから島に渡り、その後数万年もの間、文明世界との接触を一切断った生活を送ってきた人々です。島によっていくつかの部族があり、それぞれ性質も異なるようですが、北センチネル島の連中は非常に排他的な性格を有するようで、過去にもたまたま流れ着いたインド人の漁業者などが同じ目に合っています。

一応インド領として認められていますが、アマゾン奥地の狩猟採集民などと同じく外部との接触によって伝染病などにより簡単に絶滅する恐れがありますので、インド政府としてはほぼ完全にノータッチ状態であり、渡航も厳重に禁止されています。
14 年前のスマトラ沖地震の際、住民の状況を調べるためにインド政府がヘリコプターを派遣して上空から撮影したところ、住民たちが弓矢をもってヘリコプターを攻撃する映像がTVで流れ、ナカナカの驚愕であったのも記憶に新しいところです。

今回は一応「殺人事件」ではありますが、インド政府としては、当然ながら、全く動かないと思います。さすがのトランプ大統領も、カショギ氏とは異なり、この件に関しては一顧だにしないと思います。



それにしても伝道師兼自称冒険家って・・・・・・・。
帝国主義の時代じゃないんだから・・・・・・・。