今月の書評-29

| | トラックバック(0)
みなさまこんにちは!今日も大変お暑うございます・・・。

いやちょっとホント、半端じゃないですよね?この暑さ!どうしてます?
子供の頃、いや結構ついこの前まで、夏が来るのが待ち遠しくって、押し入れの中に潜り込んでキャンプ用品だのスクーバ用品だの釣り道具だのを引っ張り出してルンルン♪♪♪  しながら磨いていたりしたものですが、今では押し入れの中で眠りっぱなし・・・。引っ張り出す気力もありませぬ・・・。
こんな時はバイクで風を切るのが最高っ!と思いますが、炎天下でフルフェイスのヘルメットを被ることを考えると、やはりこれも二の足を踏んでしまいます・・・。
ゴルフの練習に行くときはクーラーボックスに保冷剤を入れて濡れたタオルを突っ込んで出かけますが、真昼の練習場はセンセが借り切り状態・・・。受付のヒトに「倒れたら救急車を呼んでくれ!」と言ってから練習してます・・・。
せめて30℃くらいであれば快適な夏と言えますが、何しろ35~38℃が当たり前になりつつある日本列島の夏ですので、今後どうなっちゃうの?
それでも長野は東京などに比べると朝晩は幾分過ごしやすいですし、湿度も比較的低いのですが、先週末、乳酸菌学会で東京に行ってきました。で、思った。

「ヒトの住むところじゃねえ~~~っ!」

やはり、クーラーの効いた部屋で大人しくブログを書いてるのが一番ですね!



で、先日NHKのホモサピエンスシリーズが終了しました。
期待して見ていたのですけど、期待にたがわず、期待を大きく外してくれた内容でした ×××。

旧石器時代人はどうやって日本列島に到達したのか、というのがテーマでしたが、南から海を伝うルートと地続きの北方経路との両方から来た、というのはOK です。OK なんですけど、北方経路の人たち、みんな朝青龍みたいな顔してた・・・。
寒冷適応した北方アジア人が北海道に到達するのは、もっとずっと後になってからのことジャン!アイヌ人の最大のユニークさの一つが、南方系の形質をそのまま残しながら樺太経由で北海道に到達したことジャン!

で、南からの経路・・・。

台湾から与那国島へどうやって渡ったか、というのを「実験考古学」的に立証するわけですが、すでに「今月の書評-9」でも指摘したように、草船という発想って、どっから出てきた???
たぶんコンチキ号の成功から思いついたのだと思いますが(ググってね!)、コンチキ号だって単純な草船ではありませぬ。草だけじゃなく、バルサや松材などを組み合わせて巧妙に作られた船で、マストも帆も装備してます。
コンチキ号はインカ帝国時代のスペイン人の絵を基にして設計されたものですので、時代は旧石器時代よりもよっぽど新しく、ペルーの海岸からイースター島までの長距離を目指したものですから、少なくともこの程度の装備は当然だったでしょう。
一方の台湾旧石器時代人ですが、与那国島の存在は目視で確認できたでしょう。あとは眼前を流れる黒潮を如何にして乗り切るか、ということですが、その答えが草船・・・・。

自分が旧石器時代人になったと想像して考えても、その発想って、むしろ難しいんじゃないかと思う・・・。さっさと丸木舟を作るほうが自然だと思う・・・。
たくさんの草を刈って編む作業の困難さって、半端じゃないと思う・・・。たくさんの草刈ってそれを編んで船にする発想って、相当におへそが曲がっていないと出てこない発想だと思う・・・。かてて加えて、そこまで大変な努力をして作った草船ですが、さっさと朽ち果ててしまうディスポーザブルな代物だと思う・・・。
で、お次に竹船ですが、竹を何らかの補助的な具材として用いるのは自然な発想だと思いますが、これをメインの材とするその発想はどこから来る???
航海中の飲み水を入れる容器としての竹、というのは大いにアリだと思いますし、竹を筏(いかだ)に組んで湖沼を渡るのは自然な発想ですが、強い海流を乗り切るために竹を組んで「へさき」を作って波頭を破るという発想は、これまた不自然極まりないと思います。

で、なんで最初から丸木舟を作らないのか?ということですが、当時の台湾における「石斧(いしおの、せきふ)」の存在が確実に立証されていないことがネックになったんじゃないのかなあ~。何しろ「実験考古学」ですから、結果を発表して「実験考古学学会」の重鎮連からいちゃもんをつけられるのが怖かったんじゃないのかなあ~。分かる気がするなあ~。
で、番組の最後の方でとってつけたようにオーストラリアで出土した旧石器時代の石斧を紹介してましたが、世界最古の石斧って、実は日本で出土してるんですよね!長野で。時代が4~3 万年前というのだから、これを根拠にして最初から丸木舟を作製しても良かったんじゃないの?
で、単純な丸木舟じゃなくって、当然アウトリガータイプのやつ。アウトリガータイプの丸木舟の証拠が出土してなくても、構わないじゃん!だって、アウトリガーの発想もまた、センセに言わせれば、至極自然なものだと思うもん。

と、ごちゃごちゃ文句を並べてきましたが、最後にこれだけは許せないっ!ってヤツをあげつらって、今回はおしまいといたします。

それは、船に乗り込む人々を男女半々ずつ10 名に揃えるのは良いと思いますし、ま、葉っぱの「腰蓑(こしみの)」もポリネシアなどで実際に見られますからOK だと思いますが、葉っぱでブラジャーはないだろう!葉っぱのブラジャーって、擦れて痛かろう!!!

当時、海を渡った旧石器時代の女性陣は、ブラジャー、してなかったと思います。NHKなんですから、もっとリアリティーに富んだ映像を作って頂きたいと思います。少なくともあの映像を見ていた日本人のおよそ50%くらいは、センセの意見に激しく同意すると思います。

ではっ!




今月の書評-28

| | トラックバック(0)
今月の書評-10」でも述べたように、すでに旧石器の時代から、日本列島の文化は大きく東西に分かれていたようです。そしてそれは、縄文時代になるとさらに顕著になります。

個人的には「豪華絢爛」とでも形容したくなる縄文文化は、基本的に、東日本の縄文文化に代表されるものです。岡本太郎が目をひん剥(む)いて「芸術は爆発だっ!」と叫んだ火焔型土器に代表される縄文土器も、「火星人が縄文時代に居た証拠だっ!」などと一時期騒がれた(一部のヒトだけど)亀ヶ岡遺跡の土偶も、みな東日本の縄文文化に由来するものです。

ではなぜ東日本で華麗な縄文文化が花開いたのかというと、基本的には人口が圧倒的に東に偏っていたから、ということです。
ではなぜ東日本で縄文人口が圧倒的に多かったのかというと、これは色々な要因が重なって生じた現象かと思われます。
以下、考えられる要因を列挙してみます。

1) 火山の大爆発により、西日本では居住不能の時代が長く続いた。
2) クリやドングリ、クルミなどに代表される堅果類を主食としていたため、落葉広葉樹林帯で生活する方が楽だった。
3) 川を遡上するサケは、東~北日本でしか捕れない。
4) 当時の関東平野に広がった広大な干潟から得られる貝類のため。

などなど・・・。
但し、個別に見ていけば、何かといちゃもんをつけることは可能だと思います。
例えば、西日本でもカシやシイのような照葉樹に属するドングリの木が普通に育ちます。また、サトイモなどのイモ類はむしろ温かい地方で育つ作物ですから、西日本の方が有利な気もします。南に行くほど植生は豊になるのが基本原則ですし・・・。
確かに川にサケは遡上しないでしょうが、サケ以外にも魚はたくさんいます。あの瀬戸内海に面する海岸線で、なぜ縄文人が多く住み着かなかったのか、不可解です。関東以外でも、広大な干潟が広がった地域は存在します(例えば不知火湾や伊勢湾など)。

確かにクリやクルミは広葉樹林帯の樹木ですし、あの有名な三内丸山遺跡の大型掘立柱建物はまさにクリによって成立した縄文時代の一大モニュメントですから、クリやクルミの少ない西日本では多くの人口を養うことはできなかったのかも知れません。
でも、あまりにも極端な気がするなあ~、とセンセなんかは感じてしまいます。
以下、図で列挙します。

ヒスイの分布.jpg
これはヒスイの大珠(たいしゅ。大きな玉、という意味です)の出土例です。富山県の糸魚川下流域(ひときわ大きな青丸があるところ)で産出します。いわゆる「威信財(いしんざい)」と呼ばれる「権威あるヒトや尊敬されているヒトが身にまとう装身具」です。下の写真参照。

ひすい.jpg
日本翡翠情報センターより:http://www.japanjade-center.jp/archaeology2.html
大きさは5 cmくらい。立派なものですね!

図から明らかなように、完全に東に偏ってます。しかも明らかに(後代の)街道に沿った形で出土してます!あたかも縄文物流システムが存在していたかのようです。
富山から産出したものを現地で加工し、消費地へと出荷したわけですが、遠くは北海道の利尻島にまで至っているにもかかわらず、どういうわけか西日本からはほとんど出てこない・・・。

貝塚分布.jpg
これは長方形をした大型の家屋の分布と火炎土器の分布、そして青いのは貝塚の分布です。

長方形大型家屋というのは、長さおよそ30 m、幅およそ10 m近くもある建築物で、中には何個もの炉を備える文字通りの大型の建物です。ちょうど長屋みたいな建物ですが、おそらくは大量のドングリ類のあく抜き作業が行われたところでは?と考えられています。青森から秋田~北上山地~新潟~富山など、豪雪地帯とも重なります。

黄色の点々は火炎土器が分布する場所。こちらの方が見事に「豪雪地帯」にオーバーラップしています。雪に閉ざされた長い冬の季節、縄文の芸術家たちは妄想の赴くままにリビドーを爆発(昇華というべきか)させたのでしょうか?

関東平野の沿岸部は見事に貝塚一色です。
関東の縄文遺跡からは多くのヒスイの大珠が出土しますが、たくさんの「アサリの干物」と交換したのですかね?

下の写真はおなじみの火炎土器。やはりこれを載せないと、縄文は語れない。

火焔型土器.jpg
日本遺産火焔型土器より:http://www.kaen-heritage.com/doki/
これは、やっぱ、スゴイよ!!!頭で考えて作れる代物ではありませぬ!


お次は原材料関係です。
各種分布図-2.jpg
アスファルトは、いわば縄文時代の接着剤。
矢じりや槍の先などを柄に付けるときなどに使います。これも日本海沿岸に多く産出すると同時に、我が国唯一の油田地帯と重なります。
一方で、黒曜石を産出する場所は西日本にも点在します。また、ここには載せていませんが、讃岐石と呼ばれる石器に用いられる石も、その名の通り、讃岐(香川)から産出されました。

黒曜石や讃岐石は縄文物流システムに乗って日本全国に行き渡りますが、それでもなぜか西日本は明らかに寂れてる・・・。本当になんなんでしょうね???
以下、植生図です。

樹林帯.jpg
やはり植生なのかなあ?
クリやクルミが豊富に採れるとはいえ、北陸の豪雪地帯の冬を過ごすのって、現代ですら大変だろうに・・・。
縄文時代にも、やはり、田中角栄みたいなヒトが居たのだろうか?
謎は深まるばかりだ・・・。

基本的には、やはり、大噴火により、東日本に人口が集中したのが切っ掛けではなかろうか?加えて北海道のアイヌ人との接触が、相互的な技術~文化~経済的刺激を生んだのではなかろうか?人口稠密地=消費地であるから、関東平野などは「暮らしやすい」云々というよりもむしろ、出荷するための貝の干物の一大産地として栄えたのではなかろうか?要するに、人口集中そのものが巨大経済圏を形成し、それがさらなるヒトを集中させる誘因となったのではなかろうか?
おう、これはまさに「縄文経済学入門」、といったところだ!

・・・ホント・・・かな?

なお、今回のデータは、2003 年刊の、「日本の歴史シリーズ:朝日新聞社」原始・古代編に多くを負うています。


今月の書評-27

| | トラックバック(0)
そうなりますと、旧石器時代から縄文時代にかけて先島諸島に住んでいた人々は、以降の先島諸島人の直接の祖先ではない!と、ほぼ断言できます。
一方で、縄文時代に沖縄本島に住んでいた人々は、九州から南下してきた縄文人が主体を成していたと思われます。下図のカンジです。



東アジア 縄文中期-2.jpg
白保から出土した4000 年前の人骨のmtDNA 分析からはM7a が検出されており、これは南方縄文人の標識みたいなものですから、少数の縄文人は先島諸島に到達した可能性があります。
また、東南アジア由来のB4 は沖縄本島から日本列島まで(マイナーではありますが)見られることから、やはり黒潮ルートも存在したのでしょう。

大変興味深いのが、前回紹介した曽畑式土器(そばたしきどき)に関するお話です。
曽畑式土器は喜界カルデラの大噴火のほとぼりが冷めた後に九州熊本で生まれ、その後に沖縄本島に伝わりました。そしてこの形式の土器は、朝鮮半島南部の櫛目文土器(くしめもんどき)の影響を受けて作られたと考えられています。こう書きますと、朝鮮半島に住んでいた「当時の朝鮮縄文人」の陶工のような人々の文化が伝来したかのような印象を受けますが、それはその後の弥生文化伝来の印象に引きずられたものです。
今月の書評-20」でも示したように、喜界カルデラの大噴火後、九州の縄文人は朝鮮半島に逃げた可能性があります。そしてその後、朝鮮南部と北九州は一つの文化圏を形成した可能性が強いのです。
これは土器の形式だけでなく漁労文化などにも顕著に表れ、加えて朝鮮南部から出土した当時の人骨は縄文人特有の形質を色濃く反映し、抜歯(ばっし)なども見られるそうです。
となりますと、少なくともこの時代においては、北九州と朝鮮南岸地方は一つの文化圏として捉えるのが合理的だと思います。
さらに、この時代ともなりますと、航海術もより発達し、旧石器時代にはナカナカ通行困難だった沖縄本島~宮古島~石垣島航路も、一応は渡航可能となったようです。北九州~朝鮮南岸~五島列島~長崎半島あたりを頻繁に行き来していたと考えられる連中ですから、結果、渡航術も大いに鍛えられたのでしょうね!

このような縄文人の渡航術と漁労術ですが、時代が下っての弥生人にも大いに引き継がれた可能性があります。これはまた後ほど・・・。

いずれにしましても、縄文時代の沖縄本島には九州由来の縄文人が主体となって住んでいた一方で、同時代の先島諸島には、少数の縄文系の人々が渡来した気配はあるものの、主体としては全く別系統の人々が住まわっていたと考えられます。
また一方で、沖縄本島といえども日本の縄文文化に特有な「土偶」などは見つからず、これはこれで沖縄特有の縄文文化を形成していたようです。

因みに、考古学の世界では、日本列島の縄文時代に相当する沖縄の時代を「貝塚時代前期」と呼んでます。ここでは時代の流れを分かりやすくするために、文脈次第で使い分けます。

次回は日本列島の縄文文化を一通り紹介して、ひとまず縄文を終わりたいと思います。
その後は弥生時代となりますが、これがまた難問ぞろいの時代でして、一筋縄ではいきませぬ・・・。
けれどもそこがまたセンセの「妄想」が遺憾なく発揮される場となりますので、いまから楽しみではあります。



今月の書評-26

| | トラックバック(0)
YDNA に関してはひとまずおいて、先島諸島にヒトが再び登場するのが今から4000 年前。下田原(しもたばる)式土器と呼ばれる土器が出現する時代になってからです。

下田原式土器.jpg
平成29年度・沖縄県立埋蔵文化財センター移動展「下田原貝塚出土品展」からの頂きものです。
http://www.city.ishigaki.okinawa.jp/


この土器の特徴は、写真でも分かるとおり、底が平たく、両側に耳が付いていることです。同時代の縄文土器とは全く似ておらず、南方由来の形式だと考えられています。
今からおよそ7~8000 年前の沖縄本島ではすでに押引文(おしびきもん)土器や爪形文(つめがたもん)土器と呼ばれる古いタイプの縄文式土器が発見されているので、この点からも、少なくともこの時代、沖縄本島と先島諸島とは異なる文化圏に属していたことが理解されます。

沖縄本島からは、5000 年前くらいの遺跡から曽畑式土器(そばたしきどき)と呼ばれる有名な形式の土器が出土するようになりますが、この曽畑式土器は熊本由来であり、「今月の書評-20」でご紹介した喜界カルデラの大噴火後に生まれた土器であることが分かっているので、沖縄本島の縄文文化は九州由来であることの証拠の一つとなっています。

曽畑式土器.jpg
曽畑式土器。ネットからの頂きものです。
http://www.city.uto.kumamoto.jp/utomonogatari/q/aview/7/549.html


一方の先島諸島ですが、先島諸島で下田原式土器が作られていた時代は短く、それからさらに数百年経つと、再びヒトの気配がなくなります。再びヒトが居なくなる期間は、ナント1500 年。どうなっているのでしょうね?
で、再びヒトが現れるのが、今からおよそ2000 年前。
さらにややこしいことには、この2000 年前からの時代には土器が作られず、無土器で人々が生活していたという、発狂するような事実です!この時代を無土器時代と呼んでます。なんなんでしょうか???

では、無土器の状態で当時の人々はどのような生活を送っていたのかというと、この時代の遺跡からは大量の焼石が見つかることから、「今月の書評-14」でもご紹介したように、いわゆる「石焼料理」が行われていたようです。イノシシの骨も多く見つかることから、パプアニューギニアなどの南洋諸島でおなじみの、穴を掘って大きな葉っぱを敷いた上にイノシシの肉を乗せ、そこに焼いた石を投げこんで蒸し焼きにする「イノシシの石焼料理」がごちそうだったようです。

このように文化的な「無土器文化」ですが、これが今からおよそ900 年前まで続いたとのことです。今から900 年前というと2018ー900=1118 年ということですから、京の都で源氏と平家が覇を競い始めたあの時代に至るまで、先島諸島では土器も持たずにイノシシを蒸し焼きにして食べていたことになります・・・。


・・・平和だったんですね ・・・www!