今月の書評-53

| | トラックバック(0)
当時の大陸~半島情勢に関しては今後に述べていく予定ですが、とりあえず、弥生人のYDNA が縄文系である一方でmtDNA は大陸系である謎に関して妄想を深めていきたいと思います。

先に述べた4 つの仮説のうち、一つを外して残り三つで考えます。

1)縄文の男はこぞって弥生系の女性を女房にした。
2)縄文後期~晩期の人口停滞~減少と何らかの関連がある?
3)半島南部で縄文人と交わった連中が、その後に列島に渡ってきた。

実は、1)と2)は深く関連しています。
結論からいうと、
縄文部族社会は「族長を中心とする一夫多妻の社会であった!
ということです! 
根拠は全くありません!エヘン!

でも、たぶん、そうだと思うぞ!以下、理由。

1) 石棒や土偶、イノシシ祭り、さらには低い遺伝的多様性が示唆するように、少なくとも後期以降、縄文人は人口減少に悩んでいた。これに対処するため、強い雄が優秀な雌を多く獲得する社会制度が優位となっていたと考えられる。
2) 少なくとも人間の場合、一夫一婦制に比べて一夫多妻制は子孫を多く残すことができることが科学的に(数学的というべきかな?)証明されている。
3) 異邦人に対しては異性的興味がより増す可能性も(雑種強勢、或いは近親婚の禁忌)。

で、紀元前1000 年くらい前に北九州に初めての弥生系の人々が根付いたわけですが(今月の書評-47)、その数は決して多くはなかったことが指摘されています。また、稲作の東進の際、いくつかのいざこざが生じた可能性は当然あると思いますが、先住民大殺戮などの状況では決してなかった、という可能性も幅広く支持されています。

で、あるのなら、少なくとも初期の頃の弥生系の人々は、すでに地元に根付いていたヒゲヅラで抜歯はするわタトゥーはするわの縄文人に対して優位な立場に立っていた人々では決してなかった、とも言えるわけです。
従いまして、先に住み着いていた人々の族長に対して婚姻関係を結んで安全を保障してもらう、という状況だって大いに発生したかと思われます。
ことによると、婦女子を差し出す、ということも行われていたかもしれません。

縄文サイドとしては、コメやら新式土器やら金属器もさることながら、のっぺりした薄味の弥生オンナは、これまで慣れ親しんだ濃ゆ~いブリジット・バルドータイプの女房よりも、よっぽど新鮮に見えたに違いありません・・・。


BB.jpg
BB の B.B.  映画.com より https://eiga.com/person/64130/

さつきちゃん.jpg
さつきちゃんです https://www.youtube.com/watch?v=wI31G3meWZs


で、後々に日本書紀などで「国津神(くにつかみ)」などと呼ばれた人たちはこれら西日本の縄文族長であり、比較的短期間に技術~文化~言語を吸収すると同時に遺伝的にも融合し、列島の弥生人となり、いわゆる「倭の大乱」時代を経て最終的に大和政権誕生へと至る、というシナリオが最も自然だなあ~、と、センセは考えてます。


3)の、「半島南部で縄文人と交わった連中が、その後に列島に渡ってきた」説ですが、可能性は十分あります。ありますが、これが主体ではないと思います。
と、いうのは、篠田謙一氏のNHK の番組によれば、弥生人DNA における縄文の色合いは岩手>長崎>福岡の順で強かった、と発表されていたからです。
岩手>長崎>福岡の順に縄文人口が多かったのは明らかですので、弥生人は半島ではなく現地で混ざったのは明白です。
半島で混ざってそのまま列島に拡散し、現地での混合が無かったとするならば、列島における縄文系DNA の比率はひとしなみに同じとなるはずです。

yayoi-1.jpg
http://plaza.harmonix.ne.jp/~udagawa/nenpyou/yayoi_DNA.htm


ただし、半島での混合が全くなかったというのではなく、主たる混合は列島で生じた、ということです。

それでは半島、あるいは大陸では、当時、何がどうしてた?ということですが、次回にお話したいと思います。

ではっ!




今月の書評-52

| | トラックバック(0)
この時期、いわゆる寒の戻りとか春の嵐とか色々あって、どっちつかずのどうにもやりきれない日々が続きますが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

元号が変わるのはもうすぐですし、イギリスがEU を離脱するのかしないのかあるいは答えを先延ばしするのか、これも目前に迫っています。
NZ では恐ろしいヘイト犯罪が発生、ベネズエラは混乱の極みですし、隣国の(両隣の)大統領は色んな意味で「大丈夫?」ってカンジですけど、昨晩は前髪がかあいい中部電力の女子カーリングチームがスコットランドに大勝利!
本日は(ついさっき!)アメリカにも大差で勝った!!

女子カーリング.jpg
読売新聞 https://www.yomiuri.co.jp/local/nagano/news/20190227-OYTNT50145/


だもんで、結構ルンルンしているセンセです(以降、個人的に「中部電力前髪チーム」と名付けるぞ!)。

さて、「今月の書評-42」で鳥取の弥生遺跡から出土した弥生人骨について色々述べたセンセですが、その後、国立科学博物館の篠田謙一先生がさらなる分析結果を発表されました。
で、「大国主は弥生系ののっぺり顔のオンナが好みだった!!!」というセンセーショナルな結果となりましたので、ご報告いたします。まずは、状況をまとめてみました。

1. 1998 年、鳥取県の青谷上寺地(あおやかみじち)から弥生時代の遺跡が見つかり、そこからおよそ100 体分の人骨が出土した。
2. この集落は、弥生時代前期後半(紀元前4~500 年)に出現し、その後発展するが、古墳時代前期初頭(起源後300 年くらい)に消滅する。
3. 集落の周りに堀を巡らせ、さらに頑丈な板塀で囲うなど、厳重な防御設備を備える。
4. 土器、青銅器、鉄器、中国の通貨なども出土。
5. 出土人骨は老若男女が混在し、2 世紀くらいのものと考えられる。人骨は散乱した状況で出土し、同時に殺傷痕が見られるものも多いことから(5300 点の骨片のうち、110 点)、戦闘があったことが示唆される。

以下、DNA 関係。

1. 32 体の人骨でmtDNA 分析が可能であった。結果、31 体は大陸系のハプロタイプであり、縄文系はわずかに1 体のみであった。
2. 32 体のうち、29 体で血縁が無かった。
3. YDNA が抽出できた4 体を分析した結果、3 体が縄文系であり、1 体のみが大陸系であった。

という状況です。

今月の書評-19」でもお話したように、現在の日本列島、特に東日本~北海道と南九州~沖縄において縄文系のYDNA (男系です)が比較的良好に残っているのに対し、縄文を彩るmtDNA (女系です)は痕跡程度にしか残っていない、という事実があります。そして、その理由として、

1) 弥生期になって半島から渡来したものの多くは女性であった。
2) 縄文の男はこぞって弥生系の女性を女房にした。
3) 縄文後期~晩期の人口停滞~減少と何らかの関連がある?

の三つを指摘しました。ま、1) は冗談ですけどね・・・。

で、これにもひとつ付け加えたいと思います。それは、「今月の書評-20」で指摘したように、「喜界カルデラの大噴火」により、多くの縄文人が朝鮮半島南部に移住した可能性です。

4)半島南部で縄文人と交わった連中が、その後に列島に渡ってきた。

ということです。

本質的には、YDNA 分析の数が少なすぎるので決定的な結論といえるものではないと思いますし、mtDNA 分析の32 体のうち、29 体で血縁関係が無かったという結果が何を意味するのか、「さらに謎が深まった」というのが真相かとも思いますが、とりあえず結果を素直に受け入れたうえで妄想すると、以下のようになると思います。

以下、お得意の妄想タイムです。





今月の書評-51

| | トラックバック(0)
センセが中学~高校の頃は、「世界の四大文明とはエジプト、メソポタミア、インダス、黄河文明のことだ!」などと教えられましたが、さすがに現在のガッコでは、そんな単純なことは教えていないと思います。

因みに、センセが通ったW 中学の世界史の先生は前歯が見事に一本欠けており、そこから息がシューシュー抜けるために独特の「シュメ~ル」の発音となっておりました。・・・センセの耳奥に、今だにこびりついてます・・・。

さて、昔から「南船北馬」と言うように、気候風土の違いによって、中国は、大雑把に、二つの文化圏に分けることができます。YDNA の共通のO から発した古代中国人ですが、長江流域に居ついたO1b1 の連中が稲作中心の文化を生み出した一方で、より冷涼乾燥した黄河流域に移動したO2 の連中は、その後に粟(あわ)などの畑作を中心とした文化を生み出します。
 
これまで発見された中で最も古い黄河文明の遺跡が河南省の裴李崗遺跡 (はいりこういせき)で、今からおよそ9000 年から7000 年前のものだと言われてます。竪穴式住居に暮らし、粟(あわ)などの畑作を行い、さらにブタを家畜として飼っていました。ここからは、中国最古と見なされる土器が出土しています。

その後、いくつかの文化を経て、仰韶文化(ぎょうしょうぶんか)と呼ばれる文化が、今からおよそ7000 年から5000 年前、河南省~陝西省~山西省に生まれました。
仰韶の人々もまた粟を主体に耕作していたようですが、麦(たぶん大麦)や米を耕作していた村もあったそうです。麦と言っても現在のように粉にしてうどんや饅頭にして食べていたのではなく、単に煮てお粥状にして食べていたようです。
また、初歩の養蚕も行っていた可能性も指摘されています。
仰韶文化は彩陶で有名ですが、未だ「ろくろ」は発明されていません。
さらに、人々の集落は環濠で取り囲まれていたことが確認されていますので、このことから、恐らく、既にこの時代には村同士の戦いが行われていた可能性も指摘されます。

その後、今からおよそ5000 年から4000 年前にかけて、山東省に龍山文化(りゅうざんぶんか)が登場します。この文化の特徴は、何と言っても洗練された陶器の作製技術にあります。すなわち、「ろくろ」が使われるようになったと同時に1000 度以上の高温で焼く技術が発明され、その結果、卵殻陶(らんかくとう)と呼ばれる、薄く、均一な厚みを持つ陶器が作られるようになりました。
養蚕業も発達し、絹織物の生産も確認されているようです。
さらに後期には青銅器も出現。
同時に、都市や城塞が作られるようになりました。
これらの考古学的な証拠から、龍山文化時代において社会の余剰が生まれ、その結果、人々の階層化が生じ、階級社会が誕生したと考えられます。
同時に、戦争がもたらされ、その後の中国の歴史時代を彩る先駆けとなった時代であると考えられています。

竜山文化.jpg
ろくろを用いて作製された卵殻陶の高坏。日本では縄文式土器が花盛りの頃です。 wiki より


さらに時代が下がって今からおよそ3800 年から3500 年前になると、河南省の洛陽に二里頭文化(にりとうぶんか)が出現します。
ここから出土した遺跡は、これまで伝説と考えられてきた「夏王朝」の遺跡か!と目されるもので、特に後期の遺跡からは多くの青銅製の武具や大規模な宮殿跡が出土し、住居跡の規模から人口はおよそ2万人以上と推定されるなど、中国における都市国家の時代が成立した!と見なされる遺跡です。


にりとうぶんか-1.jpg
二里頭文化の青銅製の酒杯 メルカリ出品物より


宮殿跡からはトルコ石で作られたや銅爵(どうしゃく)、の文様の入った玉璋(ぎょくしょう)などが発掘されると同時に、宮殿跡の構造が後の歴代の中国王朝の宮殿構造によく似ている点など、後代の中国伝統の宮廷儀礼などがこの時代に始まった可能性が指摘されています。さらに、この時代には西方より小麦が伝播したことにより、粟(あわ)、黍(きび)、小麦、大豆、水稲の五穀の栽培が可能となった結果、食料供給が安定しただけでなく、余剰食糧の一層の蓄積がもたらされたと思われます。
その結果、「王朝」の成立が可能となったと同時に、その後の「戦乱」の予兆を感じさせる条件が一通り、出揃うこととなりました。
出土した陶器の表面には文字らしきものも刻まれているなど、いよいよ中国の歴史時代の幕開けを感じさせる、ワクワク感に満ちた遺跡文化です。

上記、の文字が太字となっておりますが、イミシンです。

次回はいよいよハプロタイプN の人々が登場します!こうご期待!!!



今月の書評-50

| | トラックバック(0)
あれほど騒がれたTK 会談もお騒がせに終わり、結局のところ何も変わらない極東の今日この頃ですが、よゐこの皆さまはいかがお過ごしですか?
この冬の坂城は例年よりも暖かく、また、杉花粉量も明らかに少なめで、センセとしては大いに助かってます。このままの穏やかな雰囲気の中で新たな時代を迎えられれば、と思います。

さて、縄文人のご先祖さまが日本列島でナウマンゾウやらマンモスを追っかけていたころ、YDNAC タイプを持つ連中が、満州からシベリア~モンゴル高原にかけて拡散していきました。
同時に、O タイプの連中が、中国大陸のほぼ全域にわたって広がりを見せ始めました。
さらに、O から分岐したN の連中もまた、大陸を北上していきました。

当時の中国大陸には未だ数多くの大型哺乳類が存在しておりましたが、気候の変動や狩猟圧などにより数を減らし、人々は狩猟採集以外の手段を見出す必要に迫られました。

で、中国の長江(センセが子供の頃は揚子江と呼ばれていた)支流域、湖南省のおよそ1 万6000 年くらい前の遺跡から稲モミが発見され、さらに1 万4000 年前の江西省の遺跡からは、明らかに栽培されたと考えられる稲モミが見つかりました。いわゆる長江文明の始まりです。

さらに、紀元前7000 年くらい前の彭頭山遺跡(ほうとざんいせき:湖南省)から野生種よりも明らかに大きい稲モミが出土したことから、栽培種による水稲耕作が既にこの頃には始まっていたことが確実視されるようになりました。また、稲モミのDNA 分析から、栽培種としての稲の起源は長江中流域にあり、ここを起点として、付帯する文化~言語を伴いつつ、西はインド方面へ、東は朝鮮~日本へと拡散していったと考えられています。

従いまして、昔、中尾佐助先生らによって盛んに唱えられていた「日本の稲作~弥生文化はヒマラヤ東部から雲南省に広がる照葉樹林帯が起源である!」との説は、現在では既にお蔵入りになったものと思われます。

その後、長江の下流域、現在の浙江省あたりに、今からおよそ7000年前から500 年くらい続いた河姆渡文化(かぼとぶんか)が生まれました。
この遺跡からは水稲のモミが大量に発見されたことから、水稲栽培が本格的かつ大規模に行われていたと考えられています。稲のほかにも、ヒョウタンやナツメ、ハス、豆などの植物を栽培し、また、ブタやイヌ、水牛などを家畜化していた証拠も見つかっています。
さらに、高床式住居、田を耕す道具、紡錘や針など大量の織物用の道具、漆器類などが見つかり、弥生文化の祖型とも言うべきものが出揃っています。

日本列島では、縄文時代の早期から前期にかけての頃です。

河姆渡遺跡.jpg
河姆渡遺跡から出土した炭化米 Bai百科より 
ご飯の上にゴマをまぶしたもの、ではありませぬ・・・。


これらの長江文明を担った人々ですが、彼らはYDNAO から分岐したO1b1 タイプの人々であり、その後に呉や越、あるいは楚などの国々を形成した後、春秋戦国時代の戦乱後に今のベトナム辺りまで押しやられた、いわゆるオーストロアジア語族に属する連中であったと考えられています。


オーストロアジア語族-3.jpg
ベトナムだけでなくアッサム地方にも分布 wiki より


オーストロアジア語族-2.jpg
オーストロアジア語族のきれいなお姉さん達。う~~~ん、Très bien! http://iyota.asia/uhauha/


さて、長江文明に少し遅れ、より北方の黄河流域では、長江とはちょうこうっと異なる文明が始まりました。黄河文明です。